FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» クライアント機能

目次


FTPのようなファイルの文字化けが心配です。
TeamFileはHTTPでファイルの転送です。
FTPのようにモード(binary|text)を切り替える制御は行っておりませんのでどのような方がファイルを操作(アップロード・ダウンロード)してもファイルに対して余計なコードを埋め込むような事はしません。

更にアップロードされたファイルは多重にチェックを行っておりますのでネットワークの障害によって不正なファイルが残ってしまう事を最小限に防ぐようになっております。
社外の方とグループ共有しています。社外の人には見せないフォルダは作れますか?
はい。つくれます。

同じグループに所属していても、制限ユーザとして登録されているユーザは
公開許可されているフォルダ若しくはファイルしか閲覧する事が出来ません。

この機能を利用して社内・社外ユーザの制限をかけることができます。

制限ユーザは設定されたユーザにかかる機能の為所属している全てのグループにおいて適用されます。

1. 社外のユーザの方を「制限ユーザ」として登録してください。
2. 社内ユーザとして利用する人のユーザ設定でセキュリティ >> リソース公開を許可ニチェックをいれてください。
3. 2でチェックをつけられたユーザはファイルやフォルダに対して右クリックで公開することができるようになります。

公開されているファイルやフォルダは赤いマスクがかけられて制限ユーザに公開されていることがわかるようになっています。
制限ユーザの方からはこのようなマスク表示はされません。
一人のユーザでメールを受信できるアドレスを増やせますか?
はい、数に制限がありますができます。

メール監視等で利用するメールアドレスはカンマ区切りにすることにより複数メールアドレスで受け取る事が出来ます。


teamfile@teamfile.com, mobile@teamfile.com, home@my.home.jp

メールには以下のようにアドレスが配置されます。
TO: teamfile@teamfile.com
CC: mobile@teamfile.com, home@my.home.jp

一番初めのアドレスがTOになりそれ以降のアドレスはCCとして配置されます。
あるユーザの利用を禁止させたい
ユーザの設定で利用可否を設定する事が出来ます。

ユーザを選択してプロパティで設定すれば即利用を停止させる事が出来ます。
登録する事だけが出来るユーザがほしい。例えば入稿専用のユーザとかがあるといいが。
はい、非常に簡単に作る事が出来ます。

TeamFileのユーザの権限にアップロード専用ユーザというユーザが作れます。

このユーザは非常に特殊でアップロードしかできないユーザです。

1. 既存のファイル名を上書きする事が出来ません。
2. ファイル自体を削除・移動・コピーは勿論の事取得も出来ません。
3. 新規のファイルしかアップロードできません。
期間限定のユーザがほしい。たとえばプロジェクト期間だけ利用できるユーザ等
はい、利用期間をユーザ毎に定める事が出来ます。

期間は年月日時秒単位でできます。
例えば1日とか1時間など非常に細かい利用期限を設定する事が出来ます。
管理者機能の統計情報を集計したいが方法はありますか?
管理者機能の統計情報はExcelなどにドラッグ&ドロップする事が可能です。

Excelの機能を利用して集計作業を行うときに便利です。
ファイルやフォルダを他人に編集させたくない。方法はありますか?
クライアントの機能(正確にはWebDAV)でLOCKが存在します。

ファイルまたはフォルダに対して右クリックメニューでロックを選択するとロックされて他人が編集する事を完全に禁止する事が出来ます。

ロックされていてもファイルの取得・コピーは可能です。

この機能を利用する為にはTeamFileクライアントのインストールが必須です。
Webフォルダなどでは行えません。
ダブルクリックで起動できますか?
はい。できます。
デフォルトではダブルクリックが無効になっていますので

ツール >> Teamfileフォルダの設定でオプション画面を開いて
ファイル操作のファイルをダブルクリックしたときの動作でできるようになります。
ユーザフォルダやグループフォルダとはなんですか?どのようなとき有効ですか?
TeamFileサーバに接続した場合、ユーザフォルダというフォルダとグループフォルダというフォルダがあります。(無い場合は管理者が制限かけています)

ユーザフォルダとは、
ログインしたユーザだけが利用できるマイドキュメントのようなフォルダです。
ログインしたユーザしか利用できませんので個人のファイル置き場として利用が可能です。

グループフォルダとは、
管理者により共有されているグループがあった場合この配下にそのグループが表示されます。ここは共有フォルダとして機能しています。アップロードしたファイルが同じグループに属しているユーザは閲覧可能です。

この機能は、TeamFileサーバに接続した場合だけ表示されます。その他のWebDAVサーバでは利用できませんので御注意ください。
TeamFileエージェントとはなんですか?
TeamFileエージェントは、TeamFileサーバに接続した場合で、且つそのサーバを対象設定にした場合のみ有効になります。

主な機能は以下の通りです。基本的にサーバから情報を「取得」することしかしません。

1.サーバメッセージ(通知)の取得表示
2.クライアント更新のファイル自動取得

一般のApacheなどでは機能しません。(インストールする必要もありません)
Windows10に対応していますか?
2.1.146 からサポートしています。
Windows10はどこにインストールされますか?
Windows10はExplorerのPCフォルダの直下にオレンジにインストールされます。


メインメニュー
iPadやiPhoneでTeamFileをもっと活用