MacOS8.6~9のセットアップ

1. Goliathのインストール

 MacOS8.6~9.xからの接続にはTeamFileクライアントではなくフリーウェアのソフトを利用します。

  • Goliathのダウンロード
  • 以下のサイトよりGoliathをダウンロードして下さい。

    Goliath公開サイト: http://www.webdav.org/goliath/
    Goliathダウンロード先: http://www.webdav.org/goliath/installs/Goliath_1_0_1.sit.hqx

     
  • Goliathの日本語化パッチの適用
  • パッチをダウンロードして適用して下さい。

    Goliath日本語化パッチ公開サイト: http://park.zero.ad.jp/pautha/Goliath.html
    Goliath日本語化パッチダウンロード先: http://park.zero.ad.jp/pautha/Goliath1_0_1_J.sit.hqx

     

以上が完了しますとディスクトップの「Goliath 1.0.1J」フォルダの中にGoliath 1.0.1Jというアイコンが表示されます。これをダブルクリックすることでGoliathを起動することが出来ます。

2. Goliathの設定

 Goliathアイコンをダブルクリックし、サーバの設定を行って下さい。

接続画面をOKした時点で以下のような画面が表示されます。

3. 接続状態の保存

接続状態を保存(ショートカットの作成)しますと、次回からは作成されたショートカットでダイレクトに開くことができます。


メインメニュー
iPadやiPhoneでTeamFileをもっと活用