MacOSご利用に際しての注意事項

1. Goliathによるプロキシ経由のSSL通信

Goliathではプロキシ経由のSSL通信が行えません。(プロキシを使用しなければ問題ありません)

2. 「ことえり」の設定

日本語ファイルをドラッグ&ドロップや表示する場合は「ことえり」を有効にして下さい。有効でない場合、日本語ファイル名が文字化けします

3. リソースフォークの扱い

1つのファイルをアップロードする際リソースフォークと呼ばれるファイルも上がります。そのためWindowsからはアップロードしたファイルとドット付きのファイルの2つにみえてしまいます。(Mac間では1つにしか見えません)

4. TeamFile独自機能の制限

メール監視やパスワード変更等、TeamFile独自の設定をGoliathやMacOSXのFinderから行うことはできません。

5. コピー、移動の制限

Goliathでは、フォルダを跨るコピーや移動は行えません。


メインメニュー
iPadやiPhoneでTeamFileをもっと活用